awanova

今ここから始まる 安房の新しい暮らし
<< はじまりの日 | main | 春よ来い >>
ちくちく手しごと


以前安房に住んでいて、今は沖縄在住の草木染め作家のkitta
私たちに残していった小さな小さなハギレたち。

これでなにかをつくりたい……、
でも何かを作るにはどれも小さすぎだし、形もバラバラです。

しかし、その草木の色を映した布たちは、どんなに小さくても
不揃いでも、大切にしたいと思わせる美しさが宿っています。

春がくる前に、
この冬の静かな時間のうちに、
これをかたちにしよう!

そう思い立ち、私たちはある冬の1日「手しごとの日」を
決めました。

せっかくなので、身近な手しごと好きの人にもお声をかけ、
みんなそれぞれが自分の手しごとを持ち寄って、薪ストーブ
の火を囲んで、おしゃべりしながら、ちくちくすることに。



みんなの持ってきたmy裁縫箱が、どれも素敵で思わずパチリ。







awanovaのyasue&mihoは、ひたすらアイロンがけをして、
型紙に合わせてチョキチョキチョキ……。

1人でやっていると単調で孤独な作業ですが、みんなで集まると
おしゃべりしながらでも、なぜかどんどんはかどります。

そして、できたのが、前回1/31旧正月のopenに飾った旗。




いつも子どもたちに本読みしてくれるまちこさんは、三角旗
にもできない、本当に小さな布やヒモのような切れ端を集め、
素敵なマットを編んでくれました!



kittaが安房にいた頃、縫製を手伝ってたyasueは、
イベント出店用の飾り布をパッチワーク。



ずっと眠っていた小さなハギレたちが、また光を帯びて、
息を吹き返し、喜んでいるようです。

冬の寒いときだからこそできる、貴重な手しごとの時間。

温かな春を待ちわびつつも、この静かで穏やかな冬の時間が
終わってしまうのもなんだか名残惜しい今日この頃です。










 
making of awanova 20:37 -
スポンサーサイト
- 20:37 -
photo
PROFILE
INFORMATION
next open:11月27日(水)

open:毎月1回 新月の日
    10:00〜15:00
place:鴨川市金束375-1
里山デザインファクトリー内
(map)
mail:こちらから→ (click)

※awanovaからのお願い
量り売り食材や持ち帰りの
ケーキ等をお買い求め予定
の方は小袋や容器をご持参
ください(お持ちでない方
には袋や容器を有料でお分
けします)。ご協力のほど
よろしくお願いします。



SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
RECOMMEND
スマイル・レボリューション ─ 3・11から持続可能な地域社会へ
スマイル・レボリューション ─ 3・11から持続可能な地域社会へ (JUGEMレビュー »)
加藤 登紀子,林 良樹
311以降私たちは新しい社会を
どう創り出していけばよいのか。
持続可能なライフスタイルを実
践してきた千葉鴨川からの愛と
勇気と希望のメッセージ。
awanovaをはじめ、安房マネー
の仲間たちも登場しています。
CURRENT MOON